​11/4~11/7のレシピ

Monday

【ブリの漬け丼】

✧材料✧(2人分)

・刺身用ブリ 1柵

・ご飯 茶碗2杯分

・貝割れ 適量

・柚子の皮 少々

漬け調味料

・醤油  大さじ1

・酒  大さじ1

・みりん  大さじ1

✧作り方✧

①ブリを5〜6ミリ程の暑さに切る

②カットしたブリを合わせた調味料に10分〜20分漬ける

③温かいご飯にブリを盛り付け、お好みで貝割れや柚子の皮を盛り付ける

✧MEMO✧

寒ブリと呼ばれるくらいブリは冬に美味しい魚です。

そのままお刺身や定番ブリ大根も美味しいですが、

冬のブリはとても脂がのっているので、ご飯と食べるのがオススメ。

柚子でサッパリ、お好みで大葉や刻み海苔も合います。

お好みでワサビや生姜と召し上がれ。

Tuesday

【ブリの唐揚げ】

✧材料✧

・ブリ 250g

・片栗粉 適量

調味料

・生姜すりおろし 小さじ1

・ニンニクすりおろし 小さじ1

・醤油  大さじ1

✧作り方✧

①ブリは一口大の食べやすい大きさに切っておく

②調味料は全て合わせ、切ったブリと合わせて20分〜30分漬ける

③片栗粉をまぶして180度に熱した揚げ油(分量外)でカラッとするまで揚げていく

④器に盛り付けて完成

✧MEMO✧

ブリをカラッと揚げて唐揚げにしました。ご飯のおかず、酒のつまみ、お弁当の一品にもピッタリです。

ブリは生活習慣病予防に効果のある栄養素が多く、ビタミンB1、B2も豊富です。

またカルシウムの吸収を助けるビタミンDも含まれます。天然ものと養殖ものでは、

天然もののほうがビタミンは豊富。

是非お試しを。

Wednesday

【野菜たっぷりブリしゃぶ】

✧材料✧(2人分)

・刺身用ブリ 1柵

・お好みの野菜 適量

・ポン酢

鍋用調味料

・水 800ml

・醤油 大さじ1

・出汁用昆布 10g

✧作り方✧

下準備

ブリは5ミリ程の食べやすい厚さに切って皿に盛り付けておく

①鍋に鍋用調味料を入れて沸騰させる

②鍋から昆布は取り出し、お好みの野菜を入れ沸騰させる

③ブリを鍋のつゆにくぐらせ、しゃぶしゃぶして召し上がれ

✧MEMO ✧

ブリをしゃぶしゃぶする時間は1〜2秒で充分です。レア〜ミディアムな火入り具合のブリをたっぷりお野菜と一緒にポン酢で食べるのがオススメ。

長ネギ、水菜、レタスなどを細切りにしてブリに巻いて食べるのもオススメです。

ブリからしっかりとでた出汁で〆のラーメンもオススメ。

出世魚のブリ、稚魚から成魚までの成長過程で呼び名が変わっていく魚で、江戸時代までは、武士や学者が元服し出世する際に改名した事にちなんで、成長により名前の変わる魚が、出世魚と呼ばれています。

ハマチがブリとなることは有名ですね。

お祝いごとにもオススメです。

Thursday

【ブリカマの柚庵焼き】

✧材料✧

・ブリカマ 1尾からとれる分

・柚子の皮 少々

・塩 少々

調味料

・醤油 大さじ2

・酒 大さじ2

・みりん 大さじ2

・柚子果汁 大さじ1

✧作り方✧

①ブリに塩を振り10分置き、水分が出てきたら拭き取っておく

②調味料を全て合わせてブリを入れ、2時間程漬け込む

③グリルでこんがり焼き、漬けタレは小鍋で熱しておく

④器にブリ、熱した漬けタレ、柚子の皮を盛り付けて完成

✧MEMO✧

マグロやカツオと並び、昔からブリを食べると頭が良くなる!と言われてきました。

それは、魚の脂肪に多い不飽和脂肪酸で、頭の働きをよくすると注目されるDHAが豊富に含まれているからです。

今回は脂の多いカマをタレに絡めてご飯のおかずとしても食べやすく調理しましたが、身の部分で試しても美味です。柚庵焼きはお祝いごとやおせち料理にも欠かせないおもてなし料理、ブリでいかがでしょう。