​11/4~11/7のレシピ

Monday

【ブリの漬け丼】

✧材料✧(2人分)

・刺身用ブリ 1柵

・ご飯 茶碗2杯分

・貝割れ 適量

・柚子の皮 少々

漬け調味料

・醤油  大さじ1

・酒  大さじ1

・みりん  大さじ1

✧作り方✧

①ブリを5〜6ミリ程の暑さに切る

②カットしたブリを合わせた調味料に10分〜20分漬ける

③温かいご飯にブリを盛り付け、お好みで貝割れや柚子の皮を盛り付ける

✧MEMO✧

寒ブリと呼ばれるくらいブリは冬に美味しい魚です。

そのままお刺身や定番ブリ大根も美味しいですが、

冬のブリはとても脂がのっているので、ご飯と食べるのがオススメ。

柚子でサッパリ、お好みで大葉や刻み海苔も合います。

お好みでワサビや生姜と召し上がれ。

Tuesday

【ブリの唐揚げ】

✧材料✧

・ブリ 250g

・片栗粉 適量

調味料

・生姜すりおろし 小さじ1

・ニンニクすりおろし 小さじ1

・醤油  大さじ1

✧作り方✧

①ブリは一口大の食べやすい大きさに切っておく

②調味料は全て合わせ、切ったブリと合わせて20分〜30分漬ける

③片栗粉をまぶして180度に熱した揚げ油(分量外)でカラッとするまで揚げていく

④器に盛り付けて完成

✧MEMO✧

ブリをカラッと揚げて唐揚げにしました。ご飯のおかず、酒のつまみ、お弁当の一品にもピッタリです。

ブリは生活習慣病予防に効果のある栄養素が多く、ビタミンB1、B2も豊富です。

またカルシウムの吸収を助けるビタミンDも含まれます。天然ものと養殖ものでは、

天然もののほうがビタミンは豊富。

是非お試しを。

Wednesday

【野菜たっぷりブリしゃぶ】

✧材料✧(2人分)

・刺身用ブリ 1柵

・お好みの野菜 適量

・ポン酢

鍋用調味料

・水 800ml

・醤油 大さじ1

・出汁用昆布 10g

✧作り方✧

下準備

ブリは5ミリ程の食べやすい厚さに切って皿に盛り付けておく

①鍋に鍋用調味料を入れて沸騰させる

②鍋から昆布は取り出し、お好みの野菜を入れ沸騰させる

③ブリを鍋のつゆにくぐらせ、しゃぶしゃぶして召し上がれ

✧MEMO ✧

ブリをしゃぶしゃぶする時間は1〜2秒で充分です。レア〜ミディアムな火入り具合のブリをたっぷりお野菜と一緒にポン酢で食べるのがオススメ。

長ネギ、水菜、レタスなどを細切りにしてブリに巻いて食べるのもオススメです。

ブリからしっかりとでた出汁で〆のラーメンもオススメ。

出世魚のブリ、稚魚から成魚までの成長過程で呼び名が変わっていく魚で、江戸時代までは、武士や学者が元服し出世する際に改名した事にちなんで、成長により名前の変わる魚が、出世魚と呼ばれています。

ハマチがブリとなることは有名ですね。

お祝いごとにもオススメです。

Thursday

【ブリカマの柚庵焼き】

✧材料✧

・ブリカマ 1尾からとれる分

・柚子の皮 少々

・塩 少々

調味料

・醤油 大さじ2

・酒 大さじ2

・みりん 大さじ2

・柚子果汁 大さじ1

✧作り方✧

①ブリに塩を振り10分置き、水分が出てきたら拭き取っておく

②調味料を全て合わせてブリを入れ、2時間程漬け込む

③グリルでこんがり焼き、漬けタレは小鍋で熱しておく

④器にブリ、熱した漬けタレ、柚子の皮を盛り付けて完成

✧MEMO✧

マグロやカツオと並び、昔からブリを食べると頭が良くなる!と言われてきました。

それは、魚の脂肪に多い不飽和脂肪酸で、頭の働きをよくすると注目されるDHAが豊富に含まれているからです。

今回は脂の多いカマをタレに絡めてご飯のおかずとしても食べやすく調理しましたが、身の部分で試しても美味です。柚庵焼きはお祝いごとやおせち料理にも欠かせないおもてなし料理、ブリでいかがでしょう。

​11/11~11/14のレシピ

Monday

【決定版!簡単石焼き芋】

✧材料✧(2本分)

・さつまいも 2本

✧作り方✧

①さつまいも2本を並べて炊飯器に入れる(このときに重ねない)

②さつまいもがかぶるくらいの水を入れる

③炊飯スイッチを押して、ご飯を炊くように炊く

④食べる前にトースターで5分〜10分焼いて完成

✧MEMO✧

焼き芋は、落ち葉を集めて作ったり、ストーブの上に置いておくだけで作れたり、オーブンでじっくり焼いたりなど作り方は様々ですが、どなたの家にもある炊飯器で簡単に作成しました!

炊飯器だけでも充分ですがトースターで仕上げ焼きをするだけで、石焼き芋風に香ばしくホクホクに仕上がります。

トースターの代わりに魚焼きグリルでも代用可能です。

Tuesday

【さつまいものハニーバターソテー】

✧材料✧

・さつまいも 1本

・バター 1片

・蜂蜜 小さじ1

・塩 ひとつまみ

・ブラックペッパー 少々

✧作り方✧

①さつまいもは輪切りにし、小鍋に入れ、ひたひたになる水から茹でていき、串が通るまで柔らかく茹でる

②フライパンにバターを熱し、さつまいもを両面焼き、

塩をする

③皿に盛り付け、蜂蜜とブラックペッパーを振り完成

✧MEMO✧

さつまいもは、市販の焼き芋を使ってもOKです。

茹でる手間が省けてより簡単。甘塩っぱい病みつきになる味わいはおかずとしても、おつまみとしても最適、カリッと強火で焦げ目がつくまで焼くのもオススメ。

秋の味覚の代表格であるさつまいもは、最近スイーツのように甘いプレミアムさつまいもが人気を博していますが栄養面でも優れていておなかに優しいお野菜です。

Wednesday

【炊飯器で簡単さつまいもご飯】

✧材料✧(2合分)

・さつまいも 1本

・米 2合

調味料

・塩 小さじ1

・酒 大さじ2

・みりん 大さじ2

✧作り方✧

①さつまいもは1cm角の大きさにカットし、ひたひたの水に20分ほど浸けてあくをとる

②米を研ぎ、炊飯器に米、分量の線までの水を少し少なめに入れ、調味料を全て加え、最後に水を切ったさつまいもを入れてサッと混ぜる

③炊飯スイッチを押して通常通りに炊く

④炊き上がったら器に盛り付け、お好みでごま塩を振って完成

✧MEMO✧

天ぷらや煮物、スイートポテトと並び、定番のさつまいもご飯を簡単に炊飯器で作りました。

さつまいもは、糖質が多いことからダイエットに向かない食材だと敬遠している人も多いかもしれませんが、実は、他の芋類よりも食物繊維を多く含んでいるため、お腹に貯まった宿便を、すっきり排出してくれる効果が期待できます。

そのためお腹からすっきり綺麗にしてくれるダイエットに最適な食材。

カロテンも豊富で老化の予防につながるアンチエイジングに重要な体のさびつき予防の効果もあるとされ、美容と健康に嬉しい野菜です。

Thursday

【さつまいもdeポテトサラダ】

✧材料✧

・さつまいも 1本

・ツナ缶 1缶

・マヨネーズ 大さじ2

・麺つゆ 大さじ1

仕上げ用

・パセリ

・ブラックペッパー  

✧作り方✧

① さつまいもは適当な大きさに切り、鍋に入れ、ひたひたになる水から茹でていき、串が通るまで柔らかく茹でる

②茹で上がったら湯は捨て、熱いうちにツナ缶・マヨネーズ・麺つゆと合わせる

③冷蔵庫で粗熱を取り、器に盛り付け、パセリとブラックペッパーを振りかけ完成

✧MEMO ✧

簡単にできるさつまいものポテトサラダはおかずとしても、おつまみとしても最適。冷凍保存もできるのでカップに入れて冷凍し、前夜に冷蔵庫に移動し、朝はお弁当箱に入れるだけでお昼には食べ頃となります。

さつまいもは16世紀に中国から琉球に持ち込まれたとされ、その後さつまいもの栽培は種子島、薩摩へと伝わりました。

日本で栽培されている品種はなんと40種類ほどあるそうで、焼き芋用、スイーツ用、焼酎用などと用途にあわせての品種改良も進んでいます。

​11/18~11/21のレシピ

Monday

【長芋のホイル焼き】

✧材料✧(2人分)

・長芋 10cm程

・ベーコン 30g

・バター 1片

・醤油 小さじ2

✧作り方✧

①長芋は皮をむき、1cmほどの厚さに切っておく

②大きめに出したホイルに長芋、カットしたベーコンの順で盛り付け、ホイルで包みトースター(グリル)で10分程焼いていく

③焼き上がったら醤油、バターを落として完成

✧MEMO✧

網走が誇る長芋!旬の時期になりましたね。

言わずと知れたスーパーフードとして、長芋に含まれるネバネバはとても健康に良く毎日でも食べたい食材。

すりおろしてご飯にかけて食べたり、そのまま刻んだり漬物も美味しい長芋を今週は温かレシピでご紹介。

今日はフライパンも使わずにできちゃうレシピでしたが、小さなアルミカップで作るとそのままお弁当のおかずとしても使えます。

Tuesday

【長芋とろとろ鉄板焼き】

✧材料✧

・長芋 15cm程

・とろけるチーズ 大さじ2

・たらこ 半腹

・めんつゆ 大さじ1

・ごま油 大さじ1

・小口ネギ 適量

✧作り方✧

①長芋はすりおろし、たらこは皮から外しておく

②長芋、たらこ、チーズ、めんつゆを合わせて混ぜる

③スキレットや小さめのフライパンにごま油を熱し、合わせた長芋液を流し入れ、ホイルで蓋をして中火で10分焼いていく

④小口ネギを振りかけ完成。熱々のうちに召し上がれ

✧MEMO ✧

熱々ホクホクの居酒屋風メニュー。底部分がカリッとお焦げになるのもオススメ。

たらこがない場合は鰹節をたっぷり加えても美味。ビタミンCたっぷりの長芋は、抗酸化作用によって免疫力を高め、風邪などの感染症への抵抗性を高め、シミの原因のメラニン色素を減らす作用により美肌効果も期待できる嬉しい食材です。

Wednesday

【長芋たっぷりふわふわ鍋】

✧材料✧(作りやすい量)

・長芋 20cm

・豚薄切り肉 100g

・お好みのきのこ 200g

調味料

・顆粒だしの素 小さじ2

・酒 大さじ2

・みりん 大さじ2

・醤油 大さじ2

✧作り方✧

①長芋はすりおろして、豚肉、きのこは

食べやすい大きさにカットしておく

②鍋に調味料と水500ml(分量外)を入れ、沸騰したら、豚肉、きのこを入れて一煮立ちする

③食べる前にすりおろした長芋をたっぷりかけて完成

✧MEMO✧

ふわふわの長芋で蓋をしているので熱々が続き、中に何が入っているのかワクワクしちゃうふわふわ鍋。長芋は火の入れ方によってサクサクからコリコリ、ホクホクと、食感が変わっていき、旨味もプラスされます。

輪切りにしてソテーや炒め煮にするほか、すりおろしたものを加熱すると、とろみのある食感がふわふわ、モチモチに変わり、風味もアップ。

出汁と合わせたとろろ汁も定番ですが、この変わり鍋はボリュームが増すので、家族でたっぷり召し上がれます。

Thursday

【長芋ペペロンチーノ】

✧材料✧(2人分)

・長芋 10cm程

・塩 ひとつまみ

・オリーブオイル 大さじ1

・ニンニク 半片

・鷹の爪 少々

✧作り方✧

①長芋は皮をむき、1cmほどの厚さに切っておく

②熱したフライパンにオリーブオイル、みじん切りにしたニンニク、輪切りにした鷹の爪を香りが出るまで弱火で炒める

③香りが出てきたら長芋を両面そのフライパンで焼いていく

④塩をして器に盛り付けたら完成

✧MEMO✧

ピリッとした味わいが淡白な長芋とぴったりです。長芋に含まれるムチンには粘膜を介した感染症を予防する作用があるといわれているので、風邪が流行する今の季節こそ、ぜひ積極的に摂取したい食品でもあります。

さらにネバネバには食物繊維も含まれるため、最初に食べることによって少量で満腹感が得られるのでダイエットにも。風邪予防、ダイエット、最強スーパーフードの長芋をこの時期にたくさん食べましょう!

​11/25~11/28のレシピ

Monday

   【タラと秋茄子の焼き浸し】

✧材料✧(2人分)

・タラ切り身 2切れ

・茄子 2本

・大根 10cm

・ごま油 大さじ1

調味料

・酒 大さじ2

・みりん 大さじ1

・砂糖 小さじ1

・醤油 大さじ2

・顆粒だしの素 小さじ1

・水 100ml

✧作り方✧

①タラは洗って塩をしておく(分量外)

②大根は大根おろしにしておく

③フライパンにごま油を熱し、一口大に切ったタラと茄子を焼いていく

④③に全ての調味料を加え、煮ていく

⑤大根おろしを加え、さらに煮ていく

⑥器に盛り付けて完成

✧MEMO✧

秋の網走も「美味しい」が溢れています。

タラはムニエルや鍋、フライも美味しく、どんな食材とも相性が良い万能な魚。

焼き浸しは温かいままでも冷やしても美味しく召し上がれます。

Tuesday

【タラのアクアパッツァ】

✧材料✧(2人分)

・タラ 2切れ

・むき海老 2尾

・あさり  6〜8個

・ミニトマト  10個程

・オリーブオイル  大さじ2

・にんにく  1片

・白ワイン(又は料理酒)大さじ2

・塩胡椒  適量

✧作り方✧

下準備

タラは両面に塩胡椒をして5分程置く

①小鍋や小さめのフライパンにオリーブオイルオイルを熱し、みじん切りにしたにんにくを炒める②香りが出てきたら、タラ、むき海老、あさり、ミニトマト、全ての調味料を加え、蓋をして20分置く

③蓋をあけ、さらに塩胡椒をし、鍋を揺らして馴染ませ、皿に盛り付けたら完成

✧MEMO✧

アクアパッツァは、ブイヨンなどのだしを用いず、水とトマトだけで作った魚のスープです。

アクアは水、パッツァは奇妙な、狂った、暴れるといった意味で、油に水を入れて料理をするときに水が跳ねることから来ているとされています。お好みでハーブなどを入れても美味。

フライパンのまま食卓に出してもお洒落です。実は放置して簡単にできるので是非お試しを。

Wednesday

【タラのたっぷりきのこあんかけ】

✧材料✧(2人分)

・タラ 2切れ

・なめこ 1袋

・お好みのきのこ 200g

調味料

・めんつゆ 大さじ2

・水 100ml

・柚子胡椒 お好みで

✧作り方✧

①フライパンに油(分量外)を熱し、タラ、お好みのきのこを食べやすい大きさにカットし一緒に焼いていく

②全体に火が入ったら、なめこ、調味料全てを入れて一煮立ちする

③器に盛り付けて完成

✧MEMO✧

タラは崩れないように中火で煮ていくのがポイント。

片栗粉などを使わずになめこがとろみとなり簡単にできる温かい逸品です。他たくさんのお好みのきのこと美味しく仕上げてくださいね。ご飯のおかずにもオススメ。

高タンパク低カロリーのタラは旬のこの時期にたくさん食べたい魚です。

Thursday

【タラのチーズフライ】

✧材料✧(2人分)

・タラの切り身 4切れ

フライの衣

・塩 ひとつまみ

・小麦粉 適量

・卵 1個

・パン粉 適量

・粉チーズ 大さじ1

・青のり 小さじ1

✧作り方✧

① パン粉に粉チーズ、青のり、塩を混ぜておく

②タラに小麦粉→卵→①のパン粉の順でまぶす

③180度に熱した油(分量外)でカリッとするまで揚げていく

④器に盛り付けて完成

✧MEMO✧

定番のタラフライを青のり香るチーズフライにしました。

塩で味付けしているのでそのまま食べることができ、お弁当にもオススメです。

タラは高タンパク低カロリー、ビタミンも豊富で病院食や離乳食にもよく使われるほどの完全食です。