​12/2~12/5のレシピ

Monday

【たちポンをご家庭で】

✧材料✧(2人分)

・タチ 300g

・もみじおろし 適量

・ポン酢 適量

✧作り方✧

①タチは塩水でゆっくり洗い、筋の部分をカットし食べやすい大きさにし、熱湯をかけておく

②ポン酢ともみじおろしを合わせておく

③器に合わせポン酢を少し盛り付け、その上にタチを盛り、さらにもみじおろしを飾り、完成

✧MEMO✧

この時期の北海道の居酒屋定番メニューをご家庭で。

下処理をしっかりするとお店のように美味しく召し上がれます。

もみじおろしは市販もありますが、大根の中央に包丁を入れ、そこな赤唐辛子を挟み、あとは大根おろし同様に擦り下ろすと赤い大根おろし=もみじおろしが完成。

Tuesday

【タチのムニエル】

✧材料✧(2人分)

・タチ 300g

・バター 1片

・小麦粉 適量

・塩胡椒 少々

✧作り方✧

下準備

タチは塩水でゆっくり洗い、筋の部分をカットし食べやすい大きさにし、熱湯をかけておく

①タチは水気を切り、拭き取り、小麦粉をまぶしておく

②フライパンにバターを熱し、タチを並べ焼いていく

③中火でじっくり焼いたら塩胡椒を軽くしてひっくり返す

④全体に火が通ったら片面も塩胡椒をする

⑤お好みの野菜などと一緒に盛り付けて完成

✧MEMO✧

タチを簡単ムニエルに。壊れやすいので何度もひっくり返さずに極力一度で。

はじめ片面に7割ほど火が入るまでは返さずに我慢。少しカリッとさせるのが美味しいコツ。

お好みの野菜を一緒に盛り付け召し上がれ。

タチ(白子 しらこ)は、主に魚類の精巣を食材とする際の呼び名。

タラ、アンコウ、フグなどの成熟した白子は味が良く鍋や汁物、焼き物の高級料理として知られています。

Wednesday

【タチのほくほくグラタン】

✧材料✧(2人分)

・タチ 300g

・お好みの野菜 適量

・とろけるチーズ 適量

・味噌 大さじ1程度

✧作り方✧

下準備

タチは塩水でゆっくり洗い、筋の部分をカットし食べやすい大きさにし、熱湯をかけておく

①耐熱皿に薄く味噌を塗る

②お好みの野菜や材料を盛り付ける

③その上にタチを盛り付ける

④タチに味噌を塗るイメージで敷いていく

⑤チーズをたっぷりとかけトースター(グリル)で10分焼いて完成

✧MEMO✧

ホワイトソースをタチをのせるだけで代用。

濃厚でクリーミーなタチは難しいホワイトソースの役割を見事に果たしてくれます。

お好みの野菜は、きのこなら食べやすい大きさにカットしそのまま投入、根菜なら一度茹でて火を通して、鶏肉や鱈の淡白なものも合います。

その場合もサッと湯通しを。マカロニを食べやすい硬さに茹でて加えるのも美味しいです。

お好きな具材でお試しを。簡単にできるおもてなし料理なのでこれからの季節、パーティーでもおすすめ。

おまけ

【タチのお吸い物】

✧材料✧(2人分)

・タチ 200g

調味料

・だし汁 400ml

・みりん 小さじ2

・醤油 大さじ1

✧作り方✧

下準備

タチは塩水でゆっくり洗い、筋の部分をカットし食べやすい大きさにしておく

①小鍋に調味料全てを入れて熱する

②一煮立ちしたら火を止めタチを入れる

③弱火から中火でタチにゆっくり火を入れる

④器にお好みで小口ネギと盛り付け完成

✧MEMO✧

タチの火の通りは早いので、煮過ぎると食感が悪くなるので様子を見ながら表面に火が通ったあたりで火を止め、

あとは余熱で充分。

Thursday

【タチのクリーミーうどん】

✧材料✧(2人分)

・タチ 200g

・うどん 2人前

・しめじ 100g

・ベーコン 50g

・バター 1片

・麺つゆ  大さじ2

・ブラックペッパー 適量

✧作り方✧

下準備

タチは塩水でゆっくり洗い、筋の部分をカットし食べやすい大きさにしておく

① しめじは石突きを取り、ベーコンは細切りにし、うどんは茹でておく

②フライパンにバターを熱し、タチ、しめじ、ベーコンを炒める

③全体に火が通ったら麺つゆ、うどんの茹で汁からお玉一杯の湯を入れ、味をお好みで調整していく

④茹で上がったうどんは水気を切り、フライパンに加え、全体を和えたら盛り付けてお好みでブラックペッパーを振りかけ完成

✧MEMO✧

「タチ×クリーミー×うどん」と一見ミスマッチですが、簡単で美味しく出来上がります。

パスタでもオススメ。

ご家庭の麺つゆにより濃縮度も異なるため、お好みで茹で汁の量の調整を。北海道では「タチ・タツ」(すけだち・まだち)。

青森県では「タヅ」。岩手県、宮城県では「きく・きくわた」。秋田県、山形県、福井県では「だだみ」。京都では「雲子(くもこ)」と呼ばれるています。

​12/9~12/12のレシピ

Monday

【長ネギと鶏胸肉のクリーミー煮】

✧材料✧

・長ネギ 1本

・鶏胸肉 200g

・オリーブオイル 大さじ2

調味料

・塩胡椒 適量

・牛乳 200ml

✧作り方✧

①長ネギは1cm幅の斜め切りにする

②鶏胸肉は1〜2cm程の削ぎ切りにし、鶏皮は一口大に切っておく

③フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏皮に塩胡椒をし、カリッと焼き上げ、一旦取り出す

④鶏皮を焼いたフライパンに長ネギ、鶏胸肉を加え、火にかけ塩胡椒をする

⑤全体に火が入ったら牛乳を加え、弱火で煮る

⑥器に盛り付けたら鶏皮をトッピングし、完成

✧MEMO✧

日本人に愛され続けている野菜・ネギ。

長ネギや白ねぎはそのまま食べればシャキシャキとした食感と、とろ~っとした甘さが美味しいですよね。

クリーミーな味付けと長ネギも相性ぴったり。鶏胸肉はカットしたあと包丁の裏面で叩くと柔らかくなります。

是非お試しを。

Tuesday

【長ネギマリネのホイル焼き】

✧材料✧

・長ネギ 1本

・オリーブオイル 大さじ1

・柑橘類ドレッシング 大さじ1

・粗塩 ひとつまみ

・ブラックペッパー 少々

✧作り方✧

①長ネギは3〜4cm程の輪切りにし、オリーブオイルと柑橘類ドレッシングに30分程漬け込みマリネする

②ホイルに包み、グリルで5分ほど焼いたら一度取り出し、粗塩を振り、焦げ目がつくまでさらに5分ほど焼いていく

③ブラックペッパーを振り器に盛り付けたら完成

✧MEMO✧

柑橘類ドレッシングは柚子などがおすすめ。

無ければポン酢やレモンを絞ったり醤油と柚子胡椒とお酢を混ぜても可。

近年スーパーで1年中見かける長ネギですが、旬は秋から翌年の春。

まさに今が旬です。この時期の長ネギは特に甘みが強く、切ると独特のつーんとした香りが立ちのぼりますが、この香りが体をポカポカにしてくれる成分によるものです。特に白い部分に含まれていますが、緑の部分にも栄養があるので、1本まるごと食べて風邪知らずに。

Wednesday

【長ネギが主役の肉巻きすき焼き】

✧材料✧

・長ネギ 1本

・牛薄切り肉 200g

・すき焼のタレ 100ml

・油 大さじ1

✧作り方✧

① 長ネギは3〜4cm程の輪切りにし、牛薄切り肉を巻いていく

②フライパンに油を熱し、長ネギの肉巻きを並べて焼いていく

③全体に火が入ったら、すき焼のタレを加え、弱火〜中火で長ネギの肉巻きをコロコロと箸で転がし味を染み込ませる

④全体の色が変わったら器に立たせて盛り付けて完成

✧MEMO✧

すき焼のタレで簡単に仕上げましたが、醤油×砂糖×酒で自家製すき焼のタレを作るのも◎お弁当のおかずにする際は、しっかり冷ましてからお弁当箱へ。

長ネギは、輪切りやみじん切りにして薬味にして使うことが多いですが、その使い方だけでは勿体ないくらい、火を通せばトロッと甘みが増し、とても食べやすくなります。ネギが苦手な子どももじっくり焼いたすき焼きの味付けのネギなら食べてくれるかもしれません。

Thursday

【長ネギと黒胡椒のお吸い物】

✧材料✧(2人分)

・長ネギ 1本

・ごま油 小さじ2

・黒胡椒 適量

調味料

・お湯  500ml

・顆粒だしの素 小さじ1

・醤油 小さじ1

・塩 小さじ1/2

✧作り方✧

①小鍋にごま油を熱し、3〜4cm幅の輪切りにした長ネギを両面焦げ目がつくまで焼いていく

②そこに全ての調味料を入れ、一煮立ちさせる

③器に盛り付けたたら黒胡椒を振りかけ完成

✧MEMO✧

お湯ではなく水から作る場合は、煮崩れることがあるので長ネギを一度取り出すと◎カツオや昆布でとっただし汁を使うと、より一層美味しいです。

少し味を濃い目に作り、みりん少々と茹でた蕎麦を加えると南蛮蕎麦に。年越しにもおすすめ。

和の汁に黒胡椒がとてもよくマッチします。

長ネギには消化促進、風邪、解熱、不眠症、頭痛、下痢、強壮、食欲増進などの効用があります。

今年の冬は一層冷え込みそうなので、今から風邪にはご注意を。

風邪予防には昔からネギが効くと言われてきました。

これからの季節に益々甘く美味しくなってくる旬の長ネギを、添え物として食べるだけでは勿体ないのでネギを主役にしたレシピで、風邪を引かない為の食管理を始めてみましょう。

​12/16~12/19のレシピ

Monday

【クリスマスリースのサラダ】

✧材料✧

・お好みのグリーン野菜 適量

・ファルファッレ(リボン型マカロニ)10個程

・生ハム 10枚程

・黄パプリカ

・ミニトマト 適量

・お好みのドレッシング 適量

✧作り方✧

①グリーン野菜も丸くリースののように盛り付ける

②茹でて水切りしたファルファッレ、薔薇やリボンに形取った生ハム、星形に切り抜いたパプリカ、半分に切ったトマトを盛り付けていく

③お好みのドレッシングをかけて完成

✧MEMO✧

サラダもリースのように盛り付けるだけで

クリスマスらしさが増します。

リボン型マカロニのファルファッレがあると、より一層可愛らしくなります。

手軽にできる生ハム簡単アートもオススメ。

今回グリーン野菜はベビーリーフを使用しましたが、レタスなどお好みのものでお試しを。

Wednesday

【クリスマスカラーのブルスケッタ】

✧材料✧

・バゲッド 4切れ

・ミニトマト 4個

・モッツァレラチーズ 適量

・アボカド 半個

・乾燥バジル 少々

✧調味料✧(2切れに対して)

・ニンニクすりおろし 小さじ1

・塩胡椒 少々

✧作り方✧

①バゲッドは1〜1.5cm幅に切っておく

②ミニトマトは半分に、モッツァレラチーズ・アボカドは一口サイズに切り、調味料と和えておく

③バゲッドに具材を盛り付け、トースター又はグリルで5分〜10分焼く

④器に盛り付け、乾燥バジルを振りかけ完成

✧MEMO✧

ブルスケッタは、イタリア料理の軽食のひとつ。おつまみや前菜として用いられ、元来はイタリア中部の郷土料理。名称はローマ地方の方言で「炭火であぶる」を意味する

ブルスカーレ(bruscare)に由来します。たくさん作ってクリスマスリースのように丸く盛り付けるのもオススメ。

Tuesday
クリスマスリースサラダの生ハムその1
クリスマスリースサラダの生ハムその2

【ホタテとブロッコリーのモザイク風】

✧材料✧

・ホタテ 8個

・ブロッコリー 半房

・バター 1片

・塩胡椒 少々

・ピンクペッパー 適量

✧作り方✧

①ブロッコリーは一口大にカットし、硬めに茹でて水気をよく切っておく

②フライパンにバターを熱し、ホタテとブロッコリーを焼き塩胡椒をする

③フラットな皿に交互にモザイク調になるように盛り付け、ピンクペッパーを一粒ずつ飾り、完成

✧MEMO✧

茹でるだけ、焼くだけ、の一品は欲しい簡単魚介料理ですがクリスマスカラーにするだけで可愛らしく、盛り付けにこだわるだけでクリスマスらしさが一層増しますので

子どもクリスマス、大人クリスマス、どちらでもオススメ。

Thursday

【カレー風味のクリスマスチキン】

✧材料✧

・鶏レッグ

✧調味料✧(1本分に対して)

・オリーブオイル 小さじ1

・塩胡椒 適量

・ガラムマサラの粉(又はカレー粉)小さじ1

✧作り方✧

①鶏レッグはフォークで全面に穴を開ける

②オリーブオイルオイルを全面に伸ばしながら塗り、全体に塩胡椒をし、20分程置いておく

③20分経ったらガラムマサラを全体に塗り、トースター又はグリルにホイルを敷き、15分〜20分焼き、完成

✧MEMO✧

今年は簡単クリスマスチキンで決まり!

揚げる手間も難しい味付けもなく、子どもから大人までみんなが好きなカレー味で。買い置きしてある市販のルーを粉々に切ってもOK。

ガラムマサラの粉もスーパーで200円程で手に入り、お肉を焼く時や野菜炒め、スープに入れるだけで、コクのあるカレー風味が出せるのでこの機会に揃えることもオススメ。

おまけ

【簡単クリスマスタワーケーキ】

✧材料✧

・ホットケーキ

・ヨーグルト

・イチゴ

✧作り方✧

①市販のホットケーキの作り方でお好みのホットケーキを作る

②イチゴを縦に3〜4等分切る

③ホットケーキにヨーグルトを塗り、イチゴを並べ、

これを繰り返しながらタワーにしていき完成

✧MEMO✧

ホットケーキは徐々に小さな丸で焼き、タワーにしていき▲になるようにしたり、

同じ大きさに焼き重ねるのも可愛くどちらもおすすめ。

ヨーグルトは加糖のものを使用したのでほんのり甘くケーキらしく。

イチゴに限らずお好みのフルーツで。

ホットケーキ×ヨーグルト×フルーツのみなので小さなお子さんも食べられます。

大人は粉糖や蜂蜜をかけるのもオススメです。

​12/23~12/26のレシピ

Monday

【柚子なます】

✧材料✧

・大根 1/4本

・人参 1/4本

・柚子 1玉

✧調味料✧

・砂糖 大さじ1.5

・酢 大さじ1.5

・塩 ひとつまみ

✧作り方✧

①柚子はヘタのついた上面1/4を輪切りにして下面を器にする。柚子の身は取り除き絞っておく

②大根と人参は千切りにし、塩揉みをしておく(分量外)

③水気が出てきたら水気は全て絞り、調味料、絞った柚子果汁と和え、柚子の器に盛り付けて完成

✧MEMO✧

今年はワインに合うおせち料理にしてみました。

定番おせちを簡単アレンジで!大根と人参は、同じ太さに均一に切ることで、塩もみの塩が均一に浸透し、食べた際の食感や味も良くなります。

✧なますの意味いわれ✧

紅白なますとも呼ばれるように、紅白のお祝いの水引をイメージし、一家の平和を願う一品として食されます。

Tuesday

【数の子のクリームチーズ和え】

✧材料✧

・数の子の醤油漬け 100g

・クリームチーズ 100g

・鰹節 適量

✧作り方✧

①数の子はぶつ切りにします

②クリームチーズは数の子より少し小さめにカット、又はスプーンでとります

③数の子、クリームチーズ、鰹節を混ぜて器に盛り付け完成

✧MEMO✧

定番数の子を少しアレンジするだけで、市販のものも生まれ変わります。クリームチーズの濃厚さと相まって数の子がよりジューシーに。

✧数の子の意味いわれ✧

卵の数がとても多いことから、子孫繁栄を願う縁起のいい食材として扱われてきました。

お正月のハレの日を迎えるにふさわしい食材として長く親しまれています。

Wednesday

【簡単アレンジ松風】

✧材料✧

・鶏ひき肉 200g

・卵 1個

・カマンベールチーズ 半個

・くるみ 少々

・お好みのドライフルーツ(あれば)少々

・オリーブオイル 小さじ2

・塩 ひとつまみ

・ブラックペッパー 適量

✧作り方✧

①カマンベールチーズはサイの目切りにし、くるみは砕いておく

②鶏ひき肉、卵、カマンベールチーズ、ドライフルーツ、塩を混ぜる

③玉子焼き用フライパンにオリーブオイル小さじ1を熱し、材料を流し込み、焼いていく

④周りの色が変わってきたら淵にオリーブオイル小さじ1を回し入れ、引っくり返し、さらに全体に火が入るまで焼いていく

⑤四角くカットし、器に盛り付けて完成(串などに刺しても良い)

✧MEMO✧

松風焼きはおせちに登場する料理としての知名度はありますが、毎日のおかずとしても食べやすく気軽に作れるので普段の一品としてもおすすめ。けしの実をくるみで代用しましたが白ゴマでもオッケー。

✧松風の意味いわれ✧

松風焼きは表面のみ、けしの実がまぶしてあることが多く、裏には何もない状態から、隠し事がないという意味があると言われています。

この先一年また真っ直ぐに生きられるようにという願いも同時に込められているんだそうです。

Thursday

【プチプチ二種かまぼこ】

✧材料✧

・かまぼこ2色

・大葉

・いくら

・たらこ

✧作り方✧

①大葉は縦半分にカットしておきます

②かまぼこは一口大に切り、さらに真ん中には切り込みを入れておく

③切り込みを開き、大葉→いくら、又は大葉→たらこのように、かまぼこに具材を挟み、うつわに盛り付けて完成

✧MEMO✧

作る数、分量はお好きな量でどうぞ!海産物×海産物のマリアージュ、間違い無く合います。かまぼこは、そのまま食べるのはもちろん、茶わん蒸しや年越し蕎麦にうどんと様々な使い道があります。

余ってしまった時のリメイクとしてもオススメ。

✧かまぼこの意味いわれ✧

かまぼこならではの半円形は、形が元旦の日の出に似ていることから非常におめでたい食材といわれ、昔から重宝されています。

特に、おせち料理に使われる紅白かまぼこの赤は「魔除け」、白は「清浄」を表し、さらに縁起的な意味が重ねられています。

おまけ

【材料3つで即席!栗きんとん】

✧材料✧

・栗の甘露煮 5〜6個

・さつまいも 1本

・塩 ひとつまみ

✧作り方✧

下準備

さつまいもは皮を剥き輪切りにし、水に10分漬けておく

①さつまいもは茹でて柔らかくしておく

②柔らかくなったさつまいもは潰して滑らかにし、栗と合わせる

③味を見ながら、甘露煮の汁を加え、塩で味を整えて完成

✧MEMO✧

栗の甘露煮で超簡単栗きんとんが。さつまいもを茹でる際にも塩をひとつまみ入れることで発色が綺麗に。

✧栗きんとんの意味いわれ✧

「きんとん(金団)」には金色の団子や座布団という意味があり、そこから転じて、栗きんとんは金銀財宝を連想させる縁起物として、昔から食べられてきました。特に、おめでたいお正月に栗きんとんを食べると、勝負運や金運などが上がり、商売繁盛が叶うと考えられています。